×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。



























歌舞伎や日本舞踊には欠かせない長唄。
三味線と唄の絶妙な掛け合いが招く、“粋”な世界…








長唄は“三味線”と呼ばれる弦楽器を使って演奏する邦楽のジャンルに入り、
長い時を経て下図の様に枝分かれした物の一つです。



三味線同士の粋な掛け合い(合奏)や、江戸情緒豊かな唄の文句(歌詞)。

皆さんがよく耳にする邦楽は『文楽』や『津軽三味線』などではないでしょうか?
これらも三味線音楽の一端にすぎないのです。
もちろん私たちが紹介する長唄も…。

一度これらの三味線音楽の世界を覗いてみませんか?










▲ページの一番上へ